INFORMATION

障害年金を受給しながら仕事をするという選択

障害年金受給権者の皆様の悩みの一つに、仕事はしたいのだけど仕事を始めた結果、障害年金が支給停止になるのではというお悩みがあります。
障害年金制度はケガまたは病気などにより労働が出来ないことを事由として年金を支給していることから仕事を始めることで年金が支給されなくなるのではないかとお考えになる方が多いようです。
この問題への回答の一つとして、日本年金機構は仕事を始めたことを理由に年金を支給停止することはないと言っています。
日本年金機構は障害の状態を確認するため1~5年(永久認定を除きます)に一度、障害状態確認届を提出し障害の状態を確認しています。
一般的には前回提出した診断書から検査結果などが変わりないようであれば同じ等級にて更新されています。
ここで問題があるとするなら、障害状態確認届の内容に病気が軽快したことで仕事ができるようになったと判断されるような内容が記入された場合です。この場合、更新時に障害等級が下がる可能性があるということです。
日本年金機構は本人からの申し出がない場合、障害状態確認届でのみ障害の状況確認をしていますので、病状回復により働けるようになったのか、病気は治っていないが働いているのかで結果が変わってくるのです。
私も相談者様より仕事をするべきかと相談を受けることがあるのですが、必ずしも正解の回答はないのですが、病状が回復していない状態で無理をしてまで働くべきではなく、無理のない範囲であれば働いても良いと思うと回答します。まずはご自分の体を第一に考えるのが良いのではないかと思います。

PAGE TOP