INFORMATION

新型コロナウィルスによる障害年金請求への影響

日本年金機構では通常、障害年金請求書受付から3か月以内に審査結果をお届けすることになっています。
審査上3か月を超える場合は、本人宛、審査状況の進捗が届くことになっています。
最近の障害年金審査の状況なのですが、特に審査上問題がない場合でも3か月を超過するケースが増えているように思います。ケガや精神疾患などは特に審査遅れはないようですが内科的疾患についての審査が遅れているように思うのです。もちろん統計的な資料や日本年金機構からの公式な見解ではありませんので私自身の私見ということになるのですが、体感として最近特に審査が遅いと感じています。
日本年金機構は障害年金の審査に請求傷病毎に、その病気の分野の専門医師複数により審査を行っているのですが、審査を担当されるお医者様方がもともと多忙の上に、新型コロナ対応等で審査に影響が出ているのではないかと推察します。
もちろん審査に時間がかかったとしても請求時点に遡って支給が受けられるので損得はないのですが、やはり請求者様からすると3か月超という時間は短い時間ではなく結果が出るまで一日千秋の思いでいらっしゃると思います。
障害年金の審査も簡単ではなく、審査していただいているお医者様もご多忙とは思いますが、ご請求者様のためにも少しでも早く結果を出していただけれたよいと思います。

PAGE TOP