INFORMATION

令和元年5月末現在国民年金保険料の月次納付率

令和元年 5 月末現在 国民年金保険料の月次納付率
~令和元年 5 月の最終的な納付率(平成 28 年 5 月分保険料)は、73.5%~
厚生労働省から令和元年 5 月末現在の国民年金保険料の納付率を取りまとめが公表されました。
本資料には、各月の保険料が3年経過後、2年経過後、1年経過後にどれだけ納められているかを示す「3年経過納付率」、「2年経過納付率」、「1年経過納付率」をまとめています。
なお、「2年経過納付率」及び「1年経過納付率」は納付状況の途中経過を示すものであり、「3年経過納付率」が最終的な納付状況を表す指標となります。
保険料を納めるべき納付対象者の状況
○ 3年経過納付率(平成 28 年 5 月分保険料)は、73.5%
(対前年同期増減幅+1.1%)

○ 2年経過納付率(平成 29 年 5 月分保険料)は、75.0%
(対前年同期増減幅+4.9%)

○ 1年経過納付率(平成 30 年 5 月分保険料)は、72.0%

厚生労働省ホームページ参照

過去の納付率から判断すると納付率の改善が見られるようです。
国民年金保険料未納期間中に障害の状態に該当した場合、障害年金の納付要件のうち、直近1年間未納なしという必要条件をクリアできなくなります。全納付期間の2/3以上納付していれば問題ないのですが未納期間が長い場合、障害年金の受給権を失う可能性もありますので納付が難しい場合などは市役所の国民年金課または年金事務所に相談し免除の申請を行ったほうが良いでしょう。

PAGE TOP