ブログ

傷病手当金と障害年金との調整の考え方

傷病手当金は厚生年金加入期間中にケガや病気をされ、休業される方に休業中の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。一方障害年金もケガや病気のため日常生活に支障が出ている方への所得補償の意味合いがあることから傷病手当金と障害年金が同時に支給される場合、調整されることになります。具体的には傷病手当金側を減額することで調整されることになります。傷病手当金と障害年金が同時に支給されてしまった場合、傷病手当金側で返納が必要となりますので注意が必要となります。
ただし、傷病手当金の支給理由と障害年金の支給理由が異なる場合は2重支給とならないで返納の必要はありません。
まず傷病手当金をご請求しその後障害年金の認定を受けるという形が一番多いためどうしても一時的な併給の状態になってしまいますが制度上仕方がないのです。傷病手当金は最大1年6か月支給であり1年6か月は治療に専念し、1年6か月経過しても障害が残ってしまったときに障害年金が支給されると考えるとイメージしやすいと思います。

関連記事

  1. 障害年金受給者がご結婚し子供が生まれた場合
  2. 認定日請求と事後重症請求
  3. 厚生年金加入者で65歳以降に初診日がある場合の注意点
  4. 知的障害と発達障害の認定日の考え方
  5. お医者様と年金機構の相当因果関係の考え方の違い
  6. 社会的治癒とは
  7. 障害年金と障害者の就労問題
  8. 保険料免除期間があるかたの納付要件判断のよくある間違い
PAGE TOP