ブログ

厚生年金加入者で65歳以降に初診日がある場合の注意点

・最近では65歳以降も現役として厚生年金に加入しながらお勤めをされる方が増えてまいりました。65歳以降厚生年金加入期間中に初診があり一定の障害の状態に該当した場合、障害厚生年金を受給できるのですがここでよく勘違いが発生します。
・65歳より前に初診日がある場合、仮に障害厚生年金2級に該当したとします。令和元年の年金額だと 障害厚生年金から報酬比例の年金額 + 障害基礎年金780,100円 + 配偶者の加給年金額224,500円( その方に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいるときに加算 )+子の加給年金(18歳未満または20歳未満の障害のあるお子様がいる場合)が支給されます。
・一方、初診日が65歳以降の場合 障害厚生年金から報酬比例の年金額 + 配偶者の加給年金額224,500円の支給となり障害基礎年金からの支給は受けられません。さらに、65歳以降はご自分の老齢厚生年金+老齢基礎年金と障害年金は選択制となり、障害年金と老齢年金を同時に受給することができないのです。
・結果として障害年金の受給権はあるのだけれど年金額を比較したところ老齢年金のほうが高額であったということになりがちなのです。
・金額の面では上記説明の通りですが、ご注意が必要なのは受取金額以外に、障害年金を受けている方に対する市町村ごとの行政上のサービスであったり税金上の計算、補助金、介護施設の入所条件など影響がある可能性は別途考慮する必要があります。

関連記事

  1. 社会的治癒とは
  2. 子供の加給年金と児童扶養手当の調整について
  3. 障害年金とは
  4. 知的障害と発達障害の認定日の考え方
  5. 障害年金受給者がご結婚し子供が生まれた場合
  6. 保険料免除期間があるかたの納付要件判断のよくある間違い
  7. 傷病手当金と障害年金との調整の考え方
  8. 障害年金における神経症の取扱い
PAGE TOP