ブログ

社会的治癒とは

・社会的治癒という皆様にはあまり聞きなれない用語についてご説明します。
・社会的治癒とは前発のご病気があったが、一度治癒し相当の年月を経過したのちに新たに同じような障害になった場合の取扱のことで、前発の傷病と今回の傷病は別として取り扱うという制度のことです。
・この要件に該当した場合、以前は保険料納付要件を満たさなかったとしても今回の障害の初診日に保険料納付要件を満たしていれば請求が可能となるのです。
・皆様からのご質問の中に、前発傷病の治癒から何年間経過すれば社会的治癒になるのかと聞かれるのですが、実は日本年金機構では何年間経過すれば社会的治癒に該当するという定義は定められていません。
・専門家を名乗る方や障害年金を取り扱うホームページなどには5年程度などと説明される方がいらっしゃいますが、この説明では不十分ではないかと思われます。
・実際の社会的治癒の判断にはまず前発傷病が完治する類の傷病であることが必要でかつ前発障害と後発障害が明らかに因果関係がないことが必要となります。次に社会生活上長期間にわたり健常者として生活していた実績が必要となります。日本年金機構の判断基準として何年間病院に掛かっていなければよいとの基準はなく、社会通念上少なくとも5年以上は必要であろうと述べているに過ぎないのです。
・医師に前発の傷病と今回の傷病が因果関係がないことを確認していたとしても日本年金機構の審査基準では因果関係ありとされるケースも多々あり、個別のケースで判断する必要があるので形式的に何年経過すればよいというものではないということを理解する必要があるのです。

関連記事

  1. 障害年金における神経症の取扱い
  2. 子供の加給年金と児童扶養手当の調整について
  3. 厚生年金加入者で65歳以降に初診日がある場合の注意点
  4. 障害年金とは
  5. 障害年金と障害者の就労問題
  6. 知的障害と発達障害の認定日の考え方
  7. 認定日請求と事後重症請求
  8. お医者様と年金機構の相当因果関係の考え方の違い
PAGE TOP