ブログ

発病日と初診日の違い

・障害年金ご請求時に必ず確認される内容として発病日と初診日があります。
・発病日とは体調が悪いと感じ始めた時期のことで基本自己申告となり、体調が悪いと感じて初めて病院に掛かった日が初診日となります。
・またそれまで特に異常のなかった方が、急性の病気で救急車で運ばれた場合、交通事故などに遭ってしまった場合などは発病日と初診日が同日となります。
・発病日と初診日の間に相当の年月がある場合などは初診日以前に通院したことがあるのではないか確認されることになります。

関連記事

  1. 子供の加給年金と児童扶養手当の調整について
  2. 20歳前障害の初診証明が簡単になりました
  3. 受診状況等証明書に代わる資料のよくある誤解
  4. 保険料免除期間があるかたの納付要件判断のよくある間違い
  5. 障害年金と障害者の就労問題
  6. 障害年金とは
  7. 厚生年金加入者で65歳以降に初診日がある場合の注意点
  8. 障害年金における神経症の取扱い
PAGE TOP