ブログ

マイナンバー制度で年金請求が簡略化されます

マイナンバー制度における年金関係の情報連携が平成31年4月15日から(月)から開始されました。
 この情報連携制度の運用開始により、各種手当の申請を地方公共団体等に行う場合の年金関係書類の添付や、年金関係の手続を行う際の課税証明書等一部書類の添付が不要となる等のメリットが生まれます。
 年金請求については日本年金機構等から地方公共団体等への情報照会の試行運用が、平成31年4月15日(月)から開始され、試行運用の状況等を踏まえ、令和元年7月1日(月)から順次本格運用が開始されました。具体的な対象手続等については日本年金機構等のホームページ等でお知らせしていく予定となっています。
 令和元年7月1日時点では日本年金機構においてマイナンバー登録が確認できている方については年金請求の際に住民票、請求者または同一世帯の配偶者の所得証明、遺族年金請求時の住民票除票等が省略可能となっています。今後の予定として、老齢年金請求時に必要な雇用保険被保険者証の添付も不要となる予定です。現時点では導入時期未定のため今後順次必要書類が簡略化される予定ではありますが当面は年金事務所等に必要書類を問い合わせの上、手続きをされるのが良いでしょう。

関連記事

  1. 厚生年金基金とは
  2. ねんきん定期便とねんきんネットで記録確認
  3. 平成 30 年度の国民年金の加入・保険料納付状況について
  4. 年金制度は社会保険
  5. 厚生年金加入のメリット・デメリット
PAGE TOP