ブログ

傷病手当金と障害年金との調整の考え方

傷病手当金は厚生年金加入期間中にケガや病気をされ、休業される方に休業中の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために…

厚生年金加入者で65歳以降に初診日がある場合の注意点

・最近では65歳以降も現役として厚生年金に加入しながらお勤めをされる方が増えてまいりました。65歳以降厚生年金加入期間中に初診があり一定の…

認定日請求と事後重症請求

・障害年金請求には認定日請求と事後重症請求という考え方があります。・認定日請求とは初診日(その傷病について初めて病院に掛かった日)から1年…

年金制度は社会保険

・年金制度とは社会保険方式、つまり保険料を皆様に納付してもらい、保険事故(ここでは老齢、障害、死亡)が発生した時に納付履歴や納付保険料に基…

社会的治癒とは

・社会的治癒という皆様にはあまり聞きなれない用語についてご説明します。・社会的治癒とは前発のご病気があったが、一度治癒し相当の年月を経過し…

発病日と初診日の違い

・障害年金ご請求時に必ず確認される内容として発病日と初診日があります。・発病日とは体調が悪いと感じ始めた時期のことで基本自己申告となり、体…

知的障害と発達障害の認定日の考え方

・障害年金には20歳前障害という考え方があります。・これは先天的に障害がある方が20歳を迎えた場合20歳から国民年金より障害基礎年金が支給…

障害年金における神経症の取扱い

障害年金の等級には1級から3級まであり一定の障害にあるため日常生活に支障をきたし労働等に制約を受けているような状態にあることが支給条件とな…

平成 30 年度の国民年金の加入・保険料納付状況について

厚生労働省発表により国民年金保険料納付状況が公表されています○ 平成28 年度分(過年度2年目)の最終納付率 (未納分を遡って納付できる…

マイナンバー制度で年金請求が簡略化されます

マイナンバー制度における年金関係の情報連携が平成31年4月15日から(月)から開始されました。 この情報連携制度の運用開始により、各種手…

さらに記事を表示する

最近の記事

PAGE TOP